植物性乳酸菌配合CBG&CBDグミ~マンゴーヨーグルト味~

Regular price
¥1,880
Sale price
¥1,880
Regular price
Tax included. Shipping calculated at checkout.
サイズ

商品詳細

【PharmaHempJapanオリジナル国産-植物性乳酸菌配合CBG&CBDグミ-】

今回は、母なるカンナビノイドと呼ばれる
「CBG」を皆さんに知ってもらいたく
この商品を開発しました。

さらに乳酸菌を配合することで、
免疫力を高め、活力ある毎日を過ごしていただきたいと思っています。

CBGについて、
CBDとCBGの大きな違いは、
α2受容体に作用するという点です。

α2受容体が低下すると、いくつかの生理的および行動的な影響が生じる可能性があります。α2受容体は主に中枢神経系に存在し、ノルアドレナリンの放出を調節する役割を持っています。

  1. ノルアドレナリンの過剰放出: α2受容体は通常、ノルアドレナリンのフィードバック抑制メカニズムの一部として機能します。受容体の活動が低下すると、ノルアドレナリンの放出が増加し、神経系の興奮状態が高まる可能性があります。

  2. 血圧の上昇: α2受容体は血管の平滑筋にも影響を及ぼし、その働きが低下すると血圧が上昇する可能性があります。

  3. 精神的な影響: α2受容体は不安やストレスの調節にも関与しています。この受容体の機能が低下すると、不安感が増大したり、パニック発作が起こりやすくなることが報告されています。

  4. 睡眠の障害: α2受容体は睡眠の規則性と深さにも関与しているため、その活動の低下は睡眠パターンの乱れにつながることがあります。

そういった問題に対して、効果を期待されているのが
「CBG」になります。
期待される効果としては以下になります。

  1. アドレナリン作動系の調節: CBGは、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質の放出を含む神経伝達系に影響を与えると考えられています。α2受容体はノルアドレナリンの放出を制御するため、CBGがこのシステムに影響を与える可能性があります。

  2. 抗不安作用: α2受容体の活動が低下すると不安感が増加する可能性があるため、CBGがこれらの受容体を調節することで、抗不安作用を示すことが考えられます。CBGは動物モデルで抗不安作用を示したことがあり、これが部分的にアドレナリン受容体系を介している可能性も考えられます。

  3. 神経保護作用: CBGは、神経保護作用を持つことが示されています。α2受容体も神経保護に関与することが知られているため、CBGがこの受容体を介して神経系に良い影響を与える可能性があります。

また、今回配合している植物性乳酸菌( FG4-4株)について
この乳酸菌は、徳島県で生産されている阿波番茶から見出された乳酸菌になります。

元々、ヤクルト本社の中央研究所にて、乳酸菌などの研究開発に携わっていた山下先生が発見された乳酸菌になります。

論文発表:FB4-4株(日本乳酸菌学会誌2011,vol21,No3)

機能性:花粉症、アトピー、ハウスダスト、食物等のI型アレルギーの抑制作用
メカニズム:アレルギーに関与する種々の免疫系バランスを整えてアレルギー発症を抑制

実際にモニター臨床試験では、
花粉症改善効果(水っぱな、くしゃみ、鼻詰まり、鼻のかゆみ、目のかゆみ、涙目)
の改善が報告されています。

そこに相性のいい
オリゴ糖を含むてんさい糖を混ぜ合わせることで
さらなる相乗効果を生み出せるようにしました。

弊社では【CBD=ヘンプ=植物】という事実を常に意識しています。CBDが商業的に広がりを見せることは非常に良いことなのですが、CBD商品の品質を考える上で、この当たり前の事実は絶対に忘れてはいけません。(CBDが製品化されてしまうとどうしても見えづらくなってしまう)水・土・空気といった基本的な植物の生育環境へのこだわりこそが、CBD製品を考える上で最も大切なことであるという事実を、わたしたちは常に認識しています。

・世界最高水準のPharma LAB
弊社のCBDは、栽培から商品管理に至るまでのプロセスをPharmaHempスロベニア本社にて一括管理しております。
グミに使用する弊社クリスタルの品質に関しては、現在世界最高レベルのCBD純度99.9%での提供を可能としています。
GMP取得レベルも、一般レベルよりも厳しく設けられている医薬品レベルで取得しております。

【お召し上がり方法】
・1日に1粒から2粒を目安にお召し上がりください
・すぐ噛んで飲み込むのではなく、噛んだあと、1分前後口の中にいれてください
 その際に、舌下がオススメです
・本製品は高温で中身が溶ける場合がございます

【注意】
・現在、服用しているお薬がある場合は併用をお控えください
・お酒との併用はおやめください
・摂取後、車の運転はおやめください

【原材料】
[マンゴーヨーグルト]水飴(国内製造)、甜菜糖、ゼラチン、マンゴーピューレ、植物性乳酸菌(FG4-4株)、CBD、CBG、植物油脂、でんぷん/酸味料、香料、ゲル化剤(ペクチン)、クチナシ色素(一部にゼラチン、大豆を含む)

【製造販売元】
PharmaHempJapan
【CBD原産国】
スロベニア
【CBD配合量】

1粒あたりCBD40mg CBG20mg 植物性乳酸菌200億個配合

【ご注意】
・運転前や運転中のご使用はお控えください
・妊娠中または授乳中のご使用はお控えください
・子どもの手の届かないところに保管してください

Q&A

よくある質問

CBDとは?

CBDはカンナビジオール(Cannabidiol)の略で、ヘンプに含まれる100種類以上あるカンナビノイドの1つです。CBDは、マリファナやヘンプといったカンナビスの様々な種から抽出されますが、THC(テトラヒドロカンナビノール)とは異なり、精神活性作用がないため、「ハイ」になることはありません。CBDは様々な健康上の問題に対する治療薬として研究されており、不安、炎症、疼痛、てんかんなどの症状を緩和する潜在的な効果があるとされています。特に、いくつかのてんかんの形態に対する治療薬としてFDAによって認可された医薬品があります。

CBDは合法ですか?

CBD製品は、日本国内での販売は許可されています。ただし、国によって法律は異なるため、ご使用前に地域の法律をご確認ください。

CBD製品を使用すると、どのような効果がありますか?

多くのユーザーが、不安緩和、睡眠の質の向上、痛みの軽減など、様々な健康上の利益を報告していますが、効果は個人によって異なります。

CBD製品の使用方法は?

オイルは舌下または食品に混ぜて、エディブルはそのまま食べて、スキンケア製品は皮膚に直接塗布し、ベイプ製品は吸入する形で使用します。

詳しくはこちら

CBDを使用する際の推奨される用量はどのくらいですか?

初めての方は1日10mgから始めて、徐々に増量することをお勧めします。個人の体重や体調に合わせて用量を調整してください。弊社Dr.からは、1日に体重×0.5mgを摂取すると良いと言われています。

CBD製品に副作用はありますか?

CBDは一般的に安全とされていますが、まれに疲労感や消化不良を感じることがあります。副作用が心配な場合は、医師に相談してください。

製品は第三者によってテストされていますか?

はい、当社の製品は安全性と品質を確保するために、独立した第三者ラボで定期的にテストされています。

PharmahempのCBDはどこで生産されていますか?

PharmaHempは、ヨーロッパのスロベニアを拠点としてCBD製品を生産しています。そこから製品を世界中(80カ国以上)に供給しています。PharmaHempのCBDは、ヨーロッパ連合内で合法的に栽培された産業用ヘンプから抽出されています。ヘンプは、農薬、除草剤、または化学肥料を使用せずに栽培されているため、製品は自然由来の成分のみを含んでいます。

どのように保管すればよいですか?

基本的に冷暗所で保管してください。未開封の場合は、特に高温多湿の場所、直射日光に当たる場所を避けてください。開封後は直射日光が当たらない冷暗所、冷蔵庫等での保管をお勧めいたします。

PharmahempのCBDオイルは、ペットに使用しても大丈夫ですか?

PharmaHempのCBDオイルは、犬や猫をはじめとする哺乳類のペットにも安全にご利用いただける製品です。犬や猫などの哺乳類は、人間と同様に体内にカンナビノイド受容体を持っており、CBDオイルはこれらの受容体と相互作用して、様々な健康効果をもたらすことが期待されます。

ただし、当社の水溶性CBDオイルには、ライム抽出物を原料の一部として使用しております。この成分は猫に対しては使用をお控えいただくようお願いしております。なお、犬への使用においては、過剰な使用により刺激や不快感を引き起こす可能性がありますので、200mlの水に対して1滴を目安に、様子を見ながら少量から始めていただくことを推奨しております。

また、お使いのペットが既に何らかの動物用医薬品を服用している場合、相互作用の可能性を排除するため、安全性を最優先に考え、事前にかかりつけの獣医師と相談されることを強くお勧めします。

お問い合わせはこちら

「CBD製品を購入したいが不安がある…」
「使用方法がよくわからない」
などご不安なことやご相談したいことがございましたら遠慮なくお問い合わせください。PharmahempJapan社の担当スタッフが回答いたします。

お問い合わせフォーム

おすすめ商品

Shop All